2007年12月 7日 (金)

ウェブブラウザのカラーマネジメント(2)

前回の記事では、ブラウザを巡るカラーマネジメントについて書いたが、図らずも「(Vistaより前の)WindowsはsRGBで統一されている」という一般知識に反することになった。自分でも俄に信じられなかったので、今回はその点を検証する。

おさらいがてらに、その命題をもう少し正確に書くと、次のようになる。

  • Vistaより前のWindowsでは、ビューアーを例外とした、システム付属の全てのアプリケーションにおいて、画像のカラースペースがsRGBであることを前提とする。すなわち、Windowsの内部では、全ての画像のカラースペースを強制的にsRGBとして解釈する。これはFirefox 2でも同様である。

  • よって、画像がsRGBというICCプロファイルを持つか持たないかに関わらず、sRGBのカラースペースで作成された画像は正しい色で出力される。(ここのでの「出力」とは、アプリケーションのものであって、ディスプレイやプリンタとは無関係)

これが仕様としてだけでなく結果的にも正しいなら、先の記事でテストしたsRGBの写真は、Windowsのどのアプリケーションでも正しく同様に表示され、また、他のカラーマネジメントされたシステムとも、外部出力時の違いは割り引いても、ほぼ同じに見えなければならない。

ところが、実際に検証してみるとその通りではなかった。

下の表は、3種類の画像を、それぞれWindows XP上の3つのアプリケーションで表示させた時の色再現をまとめたものである。一枚目の画像は、sRGBの色空間を持ち、かつsRGBのICCプロファイルが埋め込んであるもの。二枚目の画像は、sRGBの色空間を持つが、ICCプロファイルは持たないもの。三枚目の画像は、Adobe RGBの色空間を持ち、かつAdobe RGBのICCプロファイルを持つものである。(これらの画像はMac OS XとPhotoshopで用意した。)評価に用いたアプリケーションは、Internet Explorer 6 (IE 6)、OS付属のビューアー、それからカラーマネジメント機能をオンにしたFirefox 3である。(正確な比較のために、Firefox 3のモニタプロファイルに合わせた色変換機能はオフにした。)

Windows XPでの色の再現評価

先に述べたWindowsの流儀から考えると、一枚目(「sRGB」)と二枚目の画像(「なし」)は、3つのアプリケーションのどれを使っても同じ見え方をしなければならない。しかし、「なし」の画像は、IE 6とビューアーで見ると、明らかに色褪せて見えた。即ち、プロファイルがない画像をWindowsが強制的にsRGBとして解釈する方法は、上手くいっていないということだ。(万一、他に原因があり、その解決によってsRGBの色再現を本来のものにする方法があれば、ご教示頂きたい。)

次に、それではsRGBのICCプロファイルが埋め込まれているなら正しい色が表示されるのか、という問題はどうだろう。sRGBのプロファイルを持つ画像(「sRGB」)の色再現には、「良」と「最良」の2種類を示しているが、実は、この二つには明らかな相違があったのだ。この「良」が意味する所は、カラーマネジメントの対象にはなっているようだが、あるべき色の再現ではなかった、というほどのものだ。見る限り正しい再現をしていたのはFirefox 3だけだったのだ。Firefox 3の表示は、同じ画像をMacで見た時のものと同じだった。(参考までに補足すると、評価に用いたWindows XPは、Macbook ProからBootcampを用いて起動している。また、Mac OSでもWindowsでも、モニタのキャリブレーションを行っている。つまり、表示デバイスが同じで、特性も揃えてあるから、私の見た目による色評価は、OSとアプリケーション自体の色再現能力の評価に他ならない。)前回の記事は正しかったことになる。

さらに興味深いのは、「良」と一括りに評価したものが、必ずしも同じ見え方ではないことだ。同じsRGBのカラースペースを持った一枚目と二枚目の画像に限っても、IE 6とビューアーでは、判別が困難なほどではあるが、違いがある。また、二枚目の画像をFirefoxで見た時は、一枚目の画像をWindowsアプリケーションで見た時の「良」ほどではないながら、「不可」の場合よりは良い結果であった。これは、Windowsにおいては、色の管理がアプリケーションレベルでの実装に委ねられてきたという点と符合する。

一枚目と三枚目では、そもそもカラースペースの広さが違うので、それに対応してAdobe RGBの「良」はsRGBの「良」を上回った。

結論を再確認すると、Windows XPにおいては、OS及びアプリケーションレベルでのsRGBへの色の統一すら不完全である。よって、画像が持つカラースペースがsRGBであっても、sRGBというICCプロファイルは埋め込むべきである。また、ブラウザはFirefox 3か、Safariを使うべきである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年12月 5日 (水)

ウェブブラウザのカラーマネジメント(1)

コンピュータでのカラーマネジメント(色管理)については、他に分かりやすく体系的に説明したウェブサイトがあるので、齧った程度の私が頑張ってBlogに書くこともない。ただ、カラーマネジメントができていない場合に、写真によっては、とてつもなく元と違う見え方をすることは是非書いておきたいと思った。

これは近頃、フィルムをスキャンしてラボでプリント、あるいはインターネットに掲載するようになって、非常に気にするようになったからだ。愛着のある写真が、他のコンピュータでは全く異なって見えると、少なからずショックを受ける。

他のコンピュータでの見え方と言う時、カラーマネジメントには二つの側面がある。一つは、あるICCカラープロファイル(sRGB、AdobeRGB、 PhotoRGBといった、カラースペースに関する情報)を持った写真をアプリケーションが正しく出力すること。もう一つは、そのアプリケーションの出力を、さらにモニタの特性に合わせて変えることだ。後者はモニターのキャリブレーションの問題で、それなりの質のモニタと、キャリブレーション用のハードウェアを買わないとできないことだ。しかしながら、前者はOSとアプリケーションの問題であり、これが正しく行われないというのは、一連のカラーマネジメントの根幹に関わる。Photoshopなどで色を調整したくても、モニタなりプリンタなり、それぞれ異なる特性を持つ機器を通った後の色を見ながら、勘に頼ってやらざるを得ないからだ。

それなのに、コンピュータというものが画像を表示するようになってから、一貫して色を正しく扱えるのは、Macintosh時代からのMacだけである。OSの宗派論争にするつもりではないが、今ほど一般人が盛んに写真や絵をコンピュータで扱い、またメディアが多くの情報を写真を用いて伝える時代に、コンピュータの大部分を占めるWindowsが色を正しく扱えないのは、奇異と言わざるを得ないだろう。

ではどれほどの違いが表れるのか、次の写真で見てもらおう。

// カラーマネジメント 不可 //

// カラーマネジメント 有効 //

一枚目の画像は、Mac OS Xの上で、カラーマネジメントができないウェブブラウザ(Firefox 2)が表示した画像のキャプチャ。二枚目の写真は、カラーマネジメントが有効なウェブブラウザ(Firefox 3 ベータバージョン、設定が必要)が表示したもののキャプチャである。2枚目はApple標準ブラウザのSafariと同じ色になる。緑の発色が一目瞭然に違うことがお分かりだろう。色のマッチングができていないシステムでこのページを見ると、2枚の写真のどちらも正しくない色で見える訳だが、それでも、色に大きな違いがあることを知るには十分な例だ。ちなみに、上のどちらのキャプチャ・ファイルもsRGBのICCプロファイルを持っている。

Windows環境におけるウェブブラウザに関して、カラーマネジメントがどうなっているか、簡単に説明する。まずVista以前でInternet Explorer (IE) 6を使った場合は、完全に無力である。IE 6は画像がsRGBであることを想定しているらしいので、わざわざsRGBに変換したファイルを読ませるが、それでも正しい色で表示されない。上の一枚目の写真と同じ色になる。(追記:この箇所は、「WindowsはsRGBで統一されている」という、自分が持っていた知識に反することを思い出し、間違ったことを書いたかも知れないと思って再度検証した。結果は本Blogの次の記事でご覧頂きたい。)これは、同じシステムの上で Firefox 3 を使って表示したものとは全く違う色になることから、どんなにモニタの出力が狂っていようと明らかだ。VistaとIE 7の組み合わせになると、sRGBならsRGBの色で表示はするようだ(要検証)。しかし、sRGBを想定していることには変わりがないので、それ以外のプロファイルを持った画像は正しく処理できない。唯一、Firefox 3を使った場合にのみ、画像固有のカラープロファイルを個別に解釈し、尚かつ、モニタのカラープロファイルにあわせた表示をすることができる。尚、Appleがベータ版として出しているWindows用のSafariでも、カラープロファイルに対応している。まだ英語以外の言語やフォントに対応していなかった、最初のバージョンからそうだった。Appleが何に価値を見いだしているかを垣間見るようで、面白かった。

一方、Macの場合は、SafariとFirefox 3がカラーマネジメントに完全に対応している。つまり、VistaとFirefox 3の組み合わせと同じことができる。

カラープロファイルへの対応をもう少し詳しく説明すると、あるウェブサイトにどんなカラースペースを持った画像が載っていても、ブラウザがそれぞれを同時に正しい色で出力すると言うことだ。そのメリットの一つは、画像の作成者の事情に左右されないことだろう。画像には、使ったデバイスの都合や、その最終的な利用形態によって、異なるカラースペースが設定されうるからだ。逆に、何のカラースペースを持つかの情報は付与しなければならない訳だが、ない場合にのみsRGBなどのカラースペースで解釈すれば良いだけの話で、IEのように、どんな画像もsRGBに強制する必要はなかった訳だ。もう一つのメリットは、とりわけsRGBというカラースペースに縛られないことがある。sRGBは今となっては古くなりつつある規格で、再現できる色の範囲が限られている。長期的な視野でカラーマネジメントの仕組みを考えると、一時の規格に限定するのは賢明な方法ではない。sRGBの後、より広い色空間を持つAdobeRGBが広まっていたが、最近ではさらに広いPhotoRGBが使われ始めている。

出力側のメリット、つまり、モニタの特性に合わせた色表示をすることのメリットは、説明するまでもないだろう。汎用液晶モニタでは、そもそも性能上の限界があるが、それでもキャリブレーションしてやると、目に見えて色が変わる。(私はX-RiteのEye-One [i1] Display 2というローエンドの製品を使った。アメリカでは200ドル程度なのでお買い得だ。)Firefox 3では、キャリブレーションして作る、モニタ用プロファイルを指定できるのだ。IE 7ではできない。

出力側に関して重要なことを補足すると、Mac OSでは、通常、実はこのようにアプリケーション毎にモニタプロファイルを設定する必要すらない。それはOSが一貫して管理しているからだ。一部で対応していないアプリケーションもあるが、Apple製を含むほとんどのアプリケーションで、個別のモニタに合わせた色を表示することができる。換言すれば、Appleが色管理の仕組みを提供しており、それを利用すれば、入力から出力まで、カラーマネジメントに対応したアプリケーションを比較的容易に作れるのだ。

ついでながら、Intel MacではVMware Fusionを使ってWindowsを同時に走らせることができるが、この場合は、VMware Fusionがカラーマネジメントを行わないので、その中のWindowsでFirefox 3を使っても正しい色にはならない。Mac OS XでFirefox 2を使って見た場合と同じ色で表示される。

最後に。まだまだ IE 6を使う人がかなりを占めると思われるから、Flickrなどにアップロードする写真は、sRGBにするに越したことがない。モノクロ写真の場合は、Dot Gain XX% などというプロファイルはダメで、強制的にsRGBに変換するか、Gray Gamma 2.2などにする必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 3日 (土)

(散歩日記)明治神宮の花菖蒲

6月4日、明治神宮の菖蒲田で、花菖蒲を見た。3年程前に、一度来たところ。
休日出勤の前に、今回は一人で急ぎ足に廻った。そういう意味では寂しいけど、とても豊かな空間。
写真はこちら

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年7月 2日 (金)

(散歩日記)伊豆 修善寺・天城峠

5月23日、修善寺で一泊し、翌24日、天城峠付近の旧道をトレッキング。
写真はこちら

写っている滝は、誰もが言葉では知っている、浄蓮の滝。川は、滑沢渓谷。
浄蓮の滝の右手の岩肌を見ると、柱状になっているが分かるが、これは玄武岩。溶けた玄武岩が急速に冷やされると、六角形の柱状に固まるのだと、子供の頃に聞いた(兵庫県豊岡市の玄武洞をご覧あれ)。別の写真にあるが、鎖で張った境界線の支柱には、この六角形の玄武岩が使われていた。

「旅の駅 浄蓮の滝観光センター」が運営しているホームページでもご覧あれ。
http://www.plaza.across.or.jp/~j-taki/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年4月 2日 (金)

鎌倉で海棠を見る

鎌倉の妙法寺と安国論寺で、海棠を見た。
今年は例年より花が早いようで、4月3日だというのに最盛期を過ぎようとしていた。
妙法寺の境内の、本堂に向かって左手の並びには、海棠の若木が盛りを誇っていて、写真を撮る人、花を眺める人が集まっている。やや離れた本堂の高見からも、何人もの人が腰掛けて花を眺めている。一方、右側には、ずいぶんな老木がある。太い幹は切り取られており、花には勢いがないが、頑張って咲いている風だった。
この老木の横には、「保存費用として百圓を寄付した」という大正時代の碑が建っているから、その頃にもそれなりの老木だったと推定される。小林秀雄が中原中也と見たという海棠は、恐らくこれだったに違いない。(後日補足:老木であることはさておき、小林秀雄が見た海棠はとっくに無くなっているのでは、という話をどこかで読んだ。)
それにしても、『中原中也の思い出』で描写されているように、はらりはらりと花弁が散る海棠を、まだ見たことがない。今年見た海棠も、盛りを過ぎつつあるとはいえ、まだ赤いぼんぼりのように揺れていた。2度目に訪れて初めて気付いたが、海棠からはほんのりと甘い香りがした。

安国論寺の海棠も、結構な老木だった。老木の幹には、地面から生えている別の若木の幹が差し込まれていて、こちらの姿の方がいっそう痛々しく見えた。

妙法寺の海棠。
P1010042.jpg

P1010044.jpg

安国論寺で見つけたおもしろい石灯籠。三日月と、日と、もう一つは何だろう?
2枚は別の石灯籠だが、一つの石灯籠の3面に3つの意匠が彫ってある。
P1010048.jpg

P1010050.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月27日 (金)

ホタテを焼いた

本日の肴。魚屋でならではの買い物。赤ワインと頂く。
hotate.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月14日 (土)

今年も見に行こう

海棠

kaidou2.jpg

2002年3月24日 鎌倉妙法寺にて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)