2005年1月23日 (日)

津波被災地で布教するアメリカ人

2005年1月22日のNew York Timesに掲載された、"Mix of Quake Aid and Preaching Stirs Concern"という記事によると、スマトラ沖地震の津波被災地で、援助と称してキリスト教の布教活動をしている団体があるとのことだ。(Antioch Community Church、Waco Churchなど)

スリランカは宗教の混在地であり、近年、人口の7%を占めるキリスト教徒の小売店が襲撃された事件は記憶に新しい。よって、改宗活動は、単に災害に付け込むことが倫理に反する(なぜなら、正常な判断ができない状態の人間を相手にしており、かつ、それまでの宗教を無視するから)だけでなく、紛争の火ダネとしても避けるべき活動といわれている。

それでも、そういった団体にとっては絶好の機会である。とくに、軍事政権が支配していたインドネシアで、援助を隠れ蓑に公然と布教できるのは、大きな転換だ。

アメリカ人というのは実に恐ろしい人種だ、と思う。ブッシュ大統領が、世界にFreedomとLibertyを広げようと大演説をする単純さと似ているが、実に確固たる基盤だと実感する。

【単語】
proselytize: 改宗させる

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年5月29日 (土)

Bush in 30 Seconds

Bushに対する批判CMのコンテスト.
http://www.bushin30seconds.org/
ランキングはこちらから。好きなのは、第二位の「嘘発見器」
http://www.bushin30seconds.org/150

CBSは、優勝した広告のSuperbowlでの放映を拒絶したらしい。
http://blog.japan.cnet.com/lessig/archives/000952.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2004年2月27日 (金)

WP "Spying Much Denied but Done a Lot at U.N., Experts Say"

Kofi Annan国連事務総長がイギリス諜報機関によってスパイされていたことについて、
Lavrov駐米ロシア大使のコメントが奮っている。
27 February 2004
The Washington Post

"I take it as something that could take place," Sergey Lavrov, Russia's ambassador to the United Nations, said of the recent allegations. "I think it is illegal, but this shows that the British intelligence service at least technically are very professional." Lavrov said Russian intelligence would not engage in the same activity. "Never, never," he said. "I don't think you could find any even suspicion that the secretary general's office was bugged by the Russian intelligence service."

太字部分は日本語のニュースにも引用された。
ちなみに、同じ記事によると、国連は盗聴対策のために年間100万ドルを費やしているそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)