2014年6月21日 (土)

日本対ギリシャ 問題はパワープレーの前の遅い攻め

今回のサッカー・ワールドカップ日本戦で、パワープレーへの批判が多く出た事から、「パワープレー」という言葉がこれまでになく一般に広がったのではないだろうか。

ギリシャ戦を見ていて気付いた事を挙げると、確かに相手に引かれたギリシャ戦では、パワープレーが打開策の一つとして出て来るのは分からないでもないが、攻め方が悪いせいで引かれていることが見て非常によく分かった。

不意に日本ボールになって攻めようとする時、ギリシャ選手の多数が自陣に戻ってしまう前にも、日本のMFやDFは、ゆっくり前を向いて、横パスを入れながら、体制を整えようとしているのだ。そうしてギリシャが守りを固めるのを許している。まだギリシャに隙・スペースがあるうちに、駆け上がって行く選手が皆無だ。ドリブルなり、ワンツーパスを使って駆け上がるなり、隙をついてかき乱す動きがない。早く今攻めろ、と何度か思った。

この遅い攻めの結果、最後にパワープレーを選択するというのは本末転倒である。引かれた時に引き裂いて攻める力がないなら、何故引かれる前に相手の体勢を乱し、勝負をかけないのか。リスクを恐れ、チャンスを逃し、とりあえず「日本らしい」体勢を作ることに終始して膠着状態に陥る。

大久保のコメントが端的に表している。

大久保はワンチャンスを逃したと言われたが、後半のあの時間、殆どチャンスがなかったことが大問題で、その原因は消極的な中盤以下のパスワークにある。それにあのプレーでは、遠くから走ってきた大久保にパスをするのではなく、ゴール間近でトラップした内田がシュートした方が、得点の可能性が高かったと思う。内田は全般的には良いプレーをしていたと思うが、あそこでは嗅覚と勇気が足りなかった。練習通りにフォワードに落とすパスをしてしまったのだろう。大久保はむしろ、ミドルシュートを枠内に放って、あの時間帯で一人気を吐いた。

一方で、後半のパワープレーに抜擢された吉田はこうだ。正に本末転倒だ。

日本がサイドから馬鹿の一つ覚えのように放り込んだ、頭の高さのクロスボールは、悉くコースを読まれ、ギリシャ選手に押し返され、日本はチャンスを失った。あれはギリシャ選手の背の高さのせいだけではない。群がったところに放り込むだけの単調な攻めのせいだろう。グラウンダーのクロスも、少し短い距離を繋ぐボールも使われなかった。

こんなにつまらない試合はなかった。上手いか下手か以前に、どこにも勇気と戦略がなかった。監督だけが悪い訳ではない。勝てない「自分たちのサッカー」など要らない。勝てる「他人のサッカー」をやってみたらいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月25日 (水)

青嶋ひろのがasahi.comに創作の場を移行

12月13日から当ブログへのアクセスが凄まじく増加したので、何事かと調べたら、青嶋ひろのが、朝日新聞 asahi.com の WEBRONZA (ウェブロンザ)に浅田真央選手についての記事を発表していた。

無料で読める最初のページをいやいや斜め読みしただけだが、従来と同じく、思い込みだけの、失礼で、浅田選手が嫌いだという気持ちを持った、正当な選手批評の体裁すら成していない、殆ど名誉を毀損している、屑のように低俗な記事であった。

恐らくそれを読んで、青嶋とは何者かと思った方々が、検索して私のブログの青嶋批判辿り着かれたらしい。

青嶋は、恐らく、従来記事を発表していたメディアからは記事を出せないのだろうが、また格好の「創作ネタ」発表の場を見つけたものだと思う。青嶋は許せない。

そして、こんな記事を載せて筆者に対価を支払う、見識の無い朝日新聞も同様に許せない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

iTunesミュージックのURLで、日本人名が中国語読みに・・・

Appleは「iTunesプレビュー」として、iTunes Storeのコンテンツをウェブで見せているが、アーティスト毎のURLは、日本語の名前を強制的に中国語読みしたものになっている。


例えば、辛島美登里の場合、こうだ。漢字の一つ一つが中国語読みにされ、アルファベットでつなげてある。
https://itunes.apple.com/jp/artist/xin-dao-mei-deng-li/id74589998


福山雅治の場合は、こう。
https://itunes.apple.com/jp/artist/fu-shan-ya-zhi/id120889904


ももいろクローバーZの場合は、日本語の読み方で登録されている。仮名の場合はこうなるようだ。
https://itunes.apple.com/jp/artist/momoirokurobaz/id448294481


自動化の為かどうか分からないが、アーティスト登録の度に設定するのだから、その母国語の人がURL(URI)を決められるはずだ。

日本人向けに売っているんだし、仮にそうでなくても、このような安易な設定は止めてもらえないかな。あまり気分が良い事ではないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月28日 (月)

「東電がロボット提供の申し出拒否」…非常事態なんだからとりあえず借りなさい!

「東電がロボット提供の申し出拒否」…仏企業(読売新聞)

このような記事があった。私は福島原発でこのロボットが使えるかどうか、判断する材料を持たないが、とはいえ、これはフランスが原発の事故対策用に開発した作業ロボットであるから、使えない事はないのではないか。それに、もはや放射線量が高過ぎて、作業員を満足に動員できない状況において、借りられるなら一つの手段として備えておく道具であると思える。

ましてや、今は放射線だけといえばそうだが、高熱高圧環境に変わってしまったらどのような手を打つつもりか。

これまでの東電や政府の対策は、
・ 状況が一段悪くなった場合に備えていない
・ 散水を、自衛隊のヘリコプター、機動隊、消防、コンクリート注入ポンプという、効果の弱い物から使う行き当たりばったり
という散々なものである。

政府は安易に自衛隊、レスキュー隊、などというが、彼らも放射線専門ではないし、高放射線下では自ずと人力には限界がある。東電も、彼らの生命を頼みにしているのではないかと思える節がある。東電は、自分で全て責任を取れないのなら、せめて自分が出来る事は全て、セカンドベストであろうが何であろうが、手を打つべきである。そして、今から考えられるバックアッププランも持っておくべきである。そう考えると、ロボットの申し出を却下したのが本当なら、怒りを禁じ得ない。自衛隊にロボットの申し出が行っていたら、彼らは多分断らないだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

「○翔(と)」って「翔ぶ」の「と」なの?ダサ過ぎ。

最近の人名の中では特異さが薄らいでいる、「大翔」に代表される「○翔(と)」だが、下の産經新聞の議論にあるように、

「一翔や大翔の読みは恐らく、『翔ぶが如く』の読みのように「翔」をトとしたものだろう」
http://sankei.jp.msn.com/life/news/110228/trd11022807410006-n1.htm

と読むと、そうだったかと改めて萎える。

送り仮名付きでしか使わない読み方の、一部だけを人名に使うのは、あり得ないくらいダサイ。これは産経は読み方のルールと親のエゴとして議論しているけれど、もっと言えば、これをダサイと思えない無教養層が増えたという事でもあると思う。

さらに参考:暴走万葉仮名(呉智英)
http://www.kanshin.com/diary/1201298

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年11月27日 (土)

mixi は海外在住者を事実上排除している

Mixiに加入する際、日本の携帯電話の登録が必要になっていて、海外在住の私は登録できない。以前は、海外在住者の登録時には、携帯認証の画面が出なかったらしいのだが、今は違う。「海外在住」を選ぶ事は、日本居住者が複数アカウントを作成する際の抜け穴になっていたと思うのだが、これでは長期海外在住者が事実上登録できなくなった。

アホである。

そもそも、複数アカウントを強烈に排除する意味は何なのか。好きにさせたら良かろう。こんなポリシーを持っているのは、SNSでもmixiだけである。

そもそも、問題の本質が違う。複数アカウント自体は問題ではない。一つであろうが、複数であろうが、アカウントが信頼できるかが問題なのだ。信頼性を担保する代案として、例えば、卒業大学や会社のメールアドレスで登録している人間を、信頼できるアカウントとして表示する手がある。

また、mixiが気付いていない最も重要な事は、信頼性を担保するのは、事前のスクリーニングの手段だけでないということだ。むしろ、利用者の、出来上がったネットワーク自体が信頼性を担保するという事だ。例えばLinkedinもそうだ。こんな事が分からないmixiは、SNSの雄でも何でもない。

もともと、私は馴れ合い的なmixiが嫌いなのだが、こういうアホなサービスこそ、ガラパゴスとして揶揄されるべきと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年4月25日 (日)

子ども手当:国内居住要件は人種差別ではない

外国に居住する子供への手当に対して、禁じるべきであるという議論があり、これにいち早く民団が「人種差別だ」として反論した。国連人権委員会にまで書簡が送られたらしい。

しかし、こういった馬鹿げた反論に対して、政治家、官僚、世間一般から、今ひとつきちんとした反駁、あるいは、子供手当制度の趣旨の説明がなされていない。まるで、「人種差別」という魔法の言葉を浴びせられて思考が停止しているようである。この件は後で英語で書きたいのだが、今のところは簡単に日本語でメモしておく。

・子供手当制度の目的は、養育費のかかる世代を助ける事で日本国の経済力を押し上げること。長期的にも人口バランスを整える意味がある。マクロ経済の定式が示す通り、GDPは、主に国内での消費、投資、貯蓄の合計である。外国に送金されて消費されても、日本経済には何も貢献しないどころか、マイナスである。よって、目的に照らして、国内居住要件は人種差別ではない。むしろ必要要件である。効果がない分野への財政出動は、むしろ断罪(民主党の言葉で言えば、仕分け)されるべきである。

・子供が仮に日本国内に居住していても、特別永住者を除く外国人の子供の養育に、手当を出すのは止めるのが妥当である。親の仕事などで一時的に滞在する家族が多いと考えられ、この層の個々は日本の持続的経済成長には寄与しない。

・元々人間関係的に縁がなかった海外の子供(特に、発展途上国)との養子縁組は、それ自体が対象外である。なぜなら、こういった行為は、原則的に、養父母のボランティア、人道援助だからだ。血縁関係のない養子については、国内居住を要件とすべきである。

・費用対効果。特に海外の養子の場合、分かり切った事は、子供手当の申請者がほとんどを中抜きし、貨幣価値の小さい国へ見かけ騙しの送金をする程度だろう。つまり、効果どころか、費用面でも著しく原則を逸脱した決定(=一律定額支給)がなされており、許し難い。

まとめると、外国人の海外に居住する子供への支給は全て中止すべき。正式一時滞在中の外国人の、国内に居住する子供についても、支給しないのが妥当。日本人による海外養子縁組も対象外。

こういった制度を悪用する人種は大概決まっているようで、その所為か、民主党(長妻)はこの法案を穴だらけのまま押し切った。歴史に残る悪政である。

続きを読む "子ども手当:国内居住要件は人種差別ではない"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

SportsNavi「浅田真央が気づいていない大切なもの」への批判 1

このエントリーは、スポーツナビ (Sports Navi) に掲載された、「浅田真央が気づいていない大切なもの 世界フィギュア女子シングル総括」(青嶋ひろの)に対する批判である。Yahooに掲載されていたから、読まれた方は多いと思う。

続きを読む "SportsNavi「浅田真央が気づいていない大切なもの」への批判 1"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年12月 7日 (月)

Tiger Woods' talkative women

Why did Tiger Woods have relationships with such talkative women?

続きを読む "Tiger Woods' talkative women"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月29日 (月)

Restaurant Review: Mitsui (Bay Shore, Long Island)

What I chose was, unexpectedly, sushi in a different style - Californian-style inside-out rolls with tuna, cooked shrimp, avocado, and cooked lobster. A non-Japanese chef poured a lot of orange dressing on it and topped crisp fried powder probably made of flour.  I felt uneasy, and that intuition was right.

Basically, that sushi had killed subtle taste/flavor of raw food and became heavy to stomach. If seafood was sauteed, butter and sources generally work good. However, when it comes to raw fish and rice with vinegar, if not enough, such heavy taste won't match. There was no harmony, either.  For some kind of people, that should be good. But it was not sushi any more.

The restaurant was not staffed by Japanese, although the owner might be Japanese. I don't like such alternative sushi restaurants operating as if it were providing authentic Japanese food.  Indeed, I found even a famous sushi restaurant in Manhattan with only Japanese chefs serves a variety of spicy rolls, kicking away many standard rolls from the menu. This is New York. This is USA.

Mitsui
1 W Main St
Bay Shore, NY 11706
http://www.yelp.com/biz/mitsui-restaurant-bay-shore

| | コメント (0) | トラックバック (0)